読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニヲタ見聞録

ジャニヲタのためのライフハック(笑)ブログ

雨の日も晴れの日も!野外公演必携グッズリスト

さてさて、国立だったり秩父宮だったり花火大会だったり、ジャニヲタの皆さんの「夏の予定」に野外公演の予定がインしてきてる季節ですね。というわけでわかりやすく野外対応の記事が増えてるジャニヲタ見聞録です。私もさほど参加回数は多くないのですが、野外公演はやっぱり夏!って感じで大好きです。が、やっぱり屋内の会場と違って、野外用に用意しておくと便利だったりするアイテムがあると思うので、自分の備忘録も兼ねて紹介してみます。また、会場や座席ごとに持ち込み物・ヒール靴などそれぞれ禁止・制限されているものがあったりするので、その点をしっかり確認してから臨むように注意しましょう!

晴れの場合

天候に恵まれるのが一番とはいえ、夏の開催が多い野外公演なのでその場合は日焼け・暑さ対策が必要になってきますよね。これはグッズ列に当日並ぶ場合と並ばない場合でも相当差が出てくる気がするので一概には言えなくて、更に嵐のグッズ列に並ぶ場合についてはもうとにかく頑張ってくださいとしか言えません…。グッズ列に並ぶ必要がなくて、日差しがきつい場合は(あまりにもギリギリだと混みあって開演に間に合わないかもですが)早く会場入りしすぎないというのが一番かもしれません。開演前に体力無駄に使うのも勿体ないですしね。

帽子

日傘もいいんですがやっぱり会場周辺の人混みや座席で使うのは少々非常識かと…ということでグッズ列や入場時~開演前のために帽子があると嬉しいかもしれません。ツバが広いものの場合、開演後は後ろの人の邪魔になるので眩しくても取りましょう。たためるものだと荷物に仕舞えて便利かもしれない。

飲み物

トイレに行きすぎない程度の水分補給も大事です!競技場のアリーナ席だと水以外の飲み物は持ちこみ不可だったりするので気を付けて。家からだと凍らせたやつとか持ってくと涼を取るのにも使えてうれしいですね。わたしはこれ購入してみました↓

TORUNE シリコンペットボトルホルダー (BK) P-2983

TORUNE シリコンペットボトルホルダー (BK) P-2983

Coleman(コールマン) ボトルホルダーウィズカラビナ グリーン 2000013458

Coleman(コールマン) ボトルホルダーウィズカラビナ グリーン 2000013458


ペットボトルの口に嵌めて荷物とかベルトループとかからぶら下げられます。飲み物探す時にゴソゴソしないと便利かなって…野外グッズは割とアウトドアショップとかで調達できますね。

タオル

汗を拭いたり、首の後ろの日焼け防止したりと何かと便利なのでスポーツタオルサイズのタオルを一~二枚持参しておくことをおすすめします。コンサートグッズの定番でもありますよね。場合によっては曲中に振り回したりすることもありますw日差しが強い時に頭からかぶって日よけにすることもできるし多少かさばっても必要かと思います。

冷却グッズ

使ってみた体験談とすると、これは別にあってもなくてもいいなーって感じで、野外のコンサートって結局1時間半も我慢すれば日が落ちて結構涼しくなったりするので、グッズ列に並ぶ場合以外は荷物になるしそんな必要ないかもしれません。逆にちょっと風があると寒くなることもあるので、ストールやカーディガンで両方に対応できるスタイルにしておいたほうがいいかもしれません。

シャツクール マイルドミント【HTRC3】

シャツクール マイルドミント【HTRC3】


スプレー系は座席で噴射すると隣の人にかかったりして迷惑かもしれないのでそこらへん考慮して使いましょう。あとメントール系はスースーしすぎてそのうち寒くなってきたりするので使用量に気を付けて。
ロゴス(LOGOS) クールスカーフお子様用グリーン  81690042

ロゴス(LOGOS) クールスカーフお子様用グリーン 81690042

ロゴス(LOGOS) クールスカーフ 81690000

ロゴス(LOGOS) クールスカーフ 81690000


水にぬらすと冷えるタイプのクールスカーフ。首回りを冷やすと涼しくなるのでひとつあると便利かも…とはいえ会場内でそんな簡単に濡らせるのか…?って感じで使ったことないんですけどw担当メンバーカラーあるひとは揃えるといいかもしれません。

雨の場合

野外公演は大体の場合雨天決行・荒天中止なので台風とか雷がなく雨だけだったら最初から降ってても基本的に決行されます。朝から雨予報が出てる場合はもちろんですが、ゲリラ豪雨が頻発してる最近なので、天気予報に関係なく一応雨用の用意は一揃い持っていった方が良いかと思います。荷物は多少増えるけど、何の備えもなく濡れっぱなしだと体調不良の原因にもなりかねないのである程度自分で対策を取って、周囲に迷惑をかけないように気を付けましょう。

カッパ

いくら雨が降ってきても公演中に座席で傘はさせません…ということで準備しておいたほうがいいのがカッパですね。山ガール用★みたいなテルテル坊主型お洒落ポンチョは曲に合わせて手を振り上げたりした場合袖の下から浸水するので、熱もこもりますが袖と胴体が分かれているレインコート型(できれば袖口にゴムが入ってるもの)の方が防水性は高いのではないかと!という話をツイッターでしてたらいくつかアドバイスをもらったので転載してみます。

ごってん国立体験談から言うと、ポンチョよりレインコートの方が断然良いです ポンチョは着脱しやすいのが利点なので、ちょっとした雨ならよいですが、長引く場合袖口から雨入ってそのうち全身に染み渡ってきますw

レインコートの袖口のところに輪ゴムしちゃったりします。首元はマフラータオルでカバーしたり。ただし密閉されるのでものすごく暑いです…

袖口ゴム+リストバンドを仕込むと袖口からの水の流入がかなり防げておすすめ 腕から伝う雨で結構服が濡れるので… もちろん首回りにはタオルです

そうそう、首周りも大事ですよね 下に100均一カッパ着て上からポンチョ、袖口はリストバンドで完璧でした(だが暑い)

みんな玄人すぎるぜ!カッパは100円でいいから袖口からの雨の侵入を防げる工夫が大事かもしれません。袖口ゴムのないタイプのカッパでも輪ゴムである程度対応可能です。
しかし、びしょびしょになってやけっぱちでワーイってなるのもそれはそれで楽しかったりするので、着替えだけ濡れないように保護しておいてもう濡れてしまうのもまた一興…ですが、夏とはいえ濡れたままうろうろしてると風邪ひくのでささっと着替えられる場所の確保も重要かもしれません。あんまり濡れてるとタクシーも乗車拒否されるしね…。


カッパの丈は長めの方がボトムスまで保護できていい感じですたぶん。

帽子

晴れの方にも書きましたがツバ付きの帽子orサンバイザーは降雨時の視界の確保にも大変役立つので雨の場合もマストです!そもそも「顔が濡れない」というだけで不快指数がだいぶ変わったりするので…メガネユーザーの人は更に重要かも。

ゴミ袋

もうふっつーの百円均一とかスーパーで買えるゴミ袋で十分です。一枚だけよりは何枚かあったほうが色々重宝するのでもう10枚入りのやつとかパックでそのまま持って行ったらいいと思います。使い方としては荷物を丸ごと入れて口を縛る(できれば二重)して椅子の下に置いておけば滅多なことでは浸水しないかと…とはいえずーっと降ってると退場の時に濡れるんですけどねwというわけでバッグの中身もまるっとゴミ袋に入れておくとより安心かもしれません。意外と結び目からの浸水も侮れません。
ちなみに晴れの公演でもアリーナ近辺だと突然の水芸によりw荷物が濡れることはあるので公演中に使わないものは保護しておくほうが安全です。荷物置く時に下に敷いてレジャーシート代わりにもなったりします。

ジップロック

チャック付きのビニール袋ですね。色んなサイズがあると思いますが、ゴミ袋で荷物を保護してても入退場の途中で濡れたりするので、濡れたら本当にやばいもの(着替えや電子機器等)は更にジップロックに入れて保護しておけば安全かと。防水スマホケース持ってない人も代わりに使えます。タオルも公演中に汗ふいたりするものとは別にひとつジップロックに入れて仕舞っておくとのちのち便利かも。

ジップロック フリーザーバッグ 中 18枚入

ジップロック フリーザーバッグ 中 18枚入

防水双眼鏡

こちらの記事参照で(国立も秩父宮も日産も花火大会も!野外コンに備える「防水双眼鏡」2選 - ジャニヲタ見聞録)。別に雨が降ったら双眼鏡使わないしーって人もいるとは思うんですが、荷物に突っ込んでても浸水する時はするのでせめて自分の双眼鏡が防水かどうか確認してから臨みましょう…防水じゃなかった場合はパラついてきた時点でジップロックなりに仕舞って退避することをおすすめします。

防水スマートフォンケース

もちろんコンサート中に使用することはないと思うんですが入退場の前後はやっぱり携帯出して連絡取りたいシチュエーションが多いですよねってことで、ジップロックでも基本問題ないんですがカラビナとかストラップが付いてるタイプだと取り出しやすいと思うので、普段購入考えてたらこの機会に買ってもいいかと。もちろんお風呂にも使えます。

うちわの保護

大体紙で構成されているのがうちわなのでそのまま持ってると雨にやられたらまずお陀仏です。豪雨の中で耐えられるうちわなんてなかなかないとは思うんですが、一応手作りうちわでもうちわ用PP袋で保護したり、表面のビニールテープ貼って保護したりしたら降り始めくらいはカバーできるのではないかと…本降りにはさすがに対応できないと思うのでそのままうちわと心中するかwゴミ袋の中に退避するかはご自分で判断して下さい。私はラミネート加工してみようかと思ってます…。(※防水うちわの作り方について書いてみました。→ウォーターキャノンに勝つ!完全防水うちわの作り方 - ジャニヲタ見聞録

時計

別に買わなくてもいいんですがw大雨で濡れっぱなしだと軽い防水の腕時計だと壊れてしまうこともあるかもしれないので、防水機能が強めのものを持っていたらそちらにしておいた方がいいかもしれません。公演中にパッと時間確認できるのはやっぱり便利ですよね。

もちろん天候もあれですが、晴れてる日でも突然の水芸って席によってはほんとびっしょり濡れるので、デリケートな持ち物に関しては天候に関わらずある程度保護しておいた方がいいかもしれません。夏の天気は移ろいやすいと言いますし、どんなに晴れの予報でも突然のゲリラ豪雨の可能性があることも忘れずに。とはいえ日差しにしても雨にしても対策しておいたところで完全に防げるものではないので、神経質になりすぎるよりも開き直って楽しんでしまえばいい!とは思うんですが、それで風邪ひいたり持ち物を壊してしまうのも残念な話なので、ある程度の備えを持って臨んで、野外の楽しみを味わい尽くしちゃいましょう!